toggle
日々のアトリエ
2020-09-24 | 日々のアトリエ

はたらく場と

風にそよぐ黄金色の田んぼに、たくさんの真っ赤な彼岸花が見られる季節となりました。
みなさんお変わりありませんか?アトリエに通うみんなも元気です。

先日、島根県益田市と東京都渋谷区に拠点を置くデザイン会社、益田工房さんを訪ねてきました。少し緊張しながらアトリエの作品2点を持って。

この4年間ひそかに、アトリエのダウン症の人たちの作品が、ホテルやオフィスや病院にあったらいいなあと思いをあたためてきました。そしてその場所はアトリエのある浜田市を中心に、通っている人たちの住む町や、つながる土地でありたいと。

アトリエでの彼らは、描きたいという強い欲望や、描かなきゃという焦燥とは無縁です。紙と絵の具があるな、じゃあ描こうかなというなんとも健康的な素の姿で制作をしています。そうした余白を持って、リラックスしている中から生まれた作品が、町に暮らす人が憩う場、はたらく場、ケアされる場にそっと寄り添うようにあるのが自然なあり方だと感じてきました。

作品と空間とが互いに響きあえるのを思い描いていたところ、益田工房の洪さんと出会い、はじめの一歩でご相談をしたらば、作品を見にアトリエまで来て下さり、とんとんと決まったのが今回持っていった2点の作品です。それは偶然にも益田市から通っているじょうさんの作品でした。
じょうさんはダウン症ではありませんが、朗らかで大らかな性質と、本質をつく鋭さとがあり、言葉ではないコミュニケーションの中で大事な気持ちを共有しながら制作をしています。彼が暮らす町のデザイン会社に作品がある光景。それは小さな一歩ですが、光のようにたしかな感覚でした。

オフィスのある2階のドアを開けると、小さなギャラリーのような空間があります。今回はその壁に展示させていただきました。ギャラリースペースとオフィスは壁一枚を隔ててつながっていて、アーチ型の大きな窓の向こうに撮影スペースが見えます。天井が高いオフィスは工場のようで、ここで人と思いと素材とが交わって、結晶のようなデザインが生まれているのですね。
デザインのお仕事に携わる方たち、このスペースに足を運ばれる方たちの、ふっとした瞬間に、目や心にとまり、寄り添えますようにと願いながら過ごしたひと時でした。
 

119941936_2692651311048257_452023147017761988_n

 

120040550_3395313503850768_9084995481145731391_n

 

120032652_755163931994816_400868613495439031_n

 

119983751_778463349622716_6052485854414986957_n

展示の機会を下さった益田工房の洪さん、お仕事の手をとめて展示をお手伝いして下さった八谷さん、スタッフのみなさん、どうもありがとうございました。

photo: yatagai yoshiyuki
益田工房: https://masudakohboh.com/

 

 

 

 

 

2020-06-05 | 日々のアトリエ

おかえり

6月に入り、夏の日差しが感じられるようになりました。みなさま、それぞれの場所で、健やかにお過ごしのことでしょうか。
お休みをしていたアトリエも6月から再開しました。初日はコドモクラスから。久しぶりの笑顔に「おかえり」という言葉が自然とこぼれました。
この期間、保護者の方たちも、それぞれの場所で不安な思いを抱え、守るべきものを守ってこられたことと思います。こどもたちも慣れないマスクをずっと着けて、限られた環境の中で我慢をしてきたことでしょう。
どんな思いで今ここにいるのか、顔をみたら分かりあえる。久しぶりの再会に多くの言葉は必要ありませんでした。

暮らしの中に「オンライン」が飛び込んで来て、距離をとったままでも「できる」世界を体感しました。オンラインだからこその出会いや学び、触れられるものがあるのだと気づきがありました。一方、アトリエの時間はオンラインではどうしても難しいところがあります。アトリエで大切にしているのは、相手が感じていることに寄り添って、表現を汲み取って、その人だけの世界を一緒に見るということです。そのためには一緒にものを見て、目を合わせて、手と素材に触れて、息づかいを感じて、偶然を楽しみながら、寄り添うことが必要です。同じ空間で同じ空気を吸っていないとできないことなのです。
どうかみんなが無事でありますように、また場を共有できますようにと願いながら、アトリエに風を通し、積み重なった時間の感触を確かめるような日々でした。

今週は天気がよく、アトリエにも心地よい風が吹き抜けています。風に頬をなでられるような、ふっと力が抜けるような感覚を少しでも感じていただけたら嬉しいです。
 

IMG_6526
新しい筆と絵の具の瓶で気持ちいい。イーゼルで描くのも気分が変わって気持ちいいね。

IMG_6520
空におばけがあらわれる、そうです。

IMG_6522
なんとも堂々とした山です。

IMG_6530
今どうしたら気持ちいいかをよく分かっている。リラックス上手。

IMG_6536
りんたくんが先生になります。5時間目の「がっかつ」が絵を描く時間で、6時間目は「おやつ」。

IMG_6546
庭でカラスの鳴き声にこたえて叫んでみる。

IMG_6557
気持ちがよいので踊ってみる。

IMG_6560
音楽が聞こえてきたからギターをつまびいてみる。周りのできごとに共感していく、りんたくんの世界。

IMG_6583 2
ゆっくりゆっくりのリズムで長く集中しながら絵を描いていく。やっちゃんの時間の流れ。

IMG_6592
長い廊下にぽつぽつと作品を残していく。

IMG_6601
弦をひくと、カマキリの歩く音、夜のくまの足音、風の音が聞こえるそうです。

IMG_6615
建物、駐車場、ビル、木、車。ぼくの街ができあがっていく。未完成だけれども早く遊びたくて抱えて帰りました。

IMG_6620
描きたいものを描きたいように描く。手がすらすらと動く。シンプルで難しいことがさらっと起こります。

IMG_6633
保護者も一緒にくつろいで帰られます。「ここに吹く風は気持ちいいいね」と。

IMG_6636

 

アトリエでダウン症の人やこどもたちと一緒に過ごしていると、彼らは今何が自分にとって心地いいのか、どうしたら気持ちいいのか、よく分かっていると感じます。何より自分の感覚に忠実、リラックス上手です。思考よりも感覚を、正しさよりも自然さを、からだで選んでいるからだと思います。不安や心配さが身近にあるときほど、その感覚はおぼろげになっていくような気がします。アトリエでの彼らは、からだの感覚が確かなことを、自分らしさを取り戻す健やかなやり方を、主張するわけでもなく、ただそう在ることで伝えてくれているようです。心地よさ、美しさへの案内人です。

 

 

 

 

2020-02-07 | 日々のアトリエ

楽しくね

アトリエには座右の銘にしている言葉があります。「楽しくね」、ダウン症のハルコさんがかつてよく書いていた言葉です。調和・平和の性質で生きている彼らの言葉は本質をついていて、いつでも思い出して、世界は心地よいことを思い出させてくれます。難しく考えて苦しくなりそうな時は、「楽しくね」とおまじないのように唱えると効果抜群です。楽しいは感じること。迷った時は感覚で気持ちいい方を選んでいたら、間違いはなさそうです。そんなふっと力が抜けるような、やさしくなれるような、ダウン症の人たちの感覚を少しでも感じていただけたら嬉しいです。

 

thumb_IMG_4709_1024
おだやかな笑顔のサチコさん。

 

thumb_IMG_4706_1024
制作に入ると静かに勢いづく。「いいねー」と自分で確かめるようにつぶやきながら筆はすすみます。

 

thumb_IMG_4989_1024
今日もカズくんのリズム。和紙のやわらかさとかずくんの穏やかさが響き合う。

 

thumb_IMG_5010_1024
どうしてこんなにきれいな色が出せるのだろう

 

thumb_IMG_5042_1024
冬のレモンを手のひらの中で確かめる。

 

thumb_IMG_5048_1024
堂々としたレモンのスケッチ

 

thumb_IMG_4382_1024
リンタくんの最近のテーマは車。

 

thumb_IMG_4985_1024
もちろんお仕事をしている。「もしもし」「はーい、かしこまりました」

 

thumb_IMG_4602_1024
カズくんのギターで熱唱

 

thumb_IMG_4939_1024
制作のあとのリラックスタイム。

 

thumb_IMG_4376_1024
愛くるしいヤエちゃん。

 

thumb_IMG_4378_1024
おやつを食べてもなにをしてても楽しい

 

thumb_IMG_4657_1024
見慣れたストローがオブジェに変わっていく。

 

今日も、楽しくね。

2020-02-07 | 日々のアトリエ

楽しくなくっちゃ

昨日はこの冬はじめての雪景色、アトリエ横のお庭にも満開の白梅に降る雪がきれいでした。新しい年を迎えてからも、アトリエに通うみんなは変わらず元気です。アトリエカメラの中にはたくさんの「楽しい」がつまっていました。

 

thumb_IMG_4729_1024
絵も好き。絵の具をとばすのも楽しい。

 

thumb_IMG_5065_1024
粘土も好き。自然の素材と組み合わせて。

 

thumb_IMG_5121_1024
「今日は森をつくりたいの!」庭から草や実や枝や石を拾ってきて森のミニチュアを作っていきます。

 

thumb_IMG_5136_1024
制作途中に読んだ絵本から、ナマケモノのいる森に。

 

thumb_IMG_5189_1024
ぼくの街。ビル・エレベーター・立体駐車場・線路・休憩するところ

 

thumb_IMG_4716_1024
ひなちゃんが最近夢中になっているアートカード。自分のテーマを決め作品を選んで鑑賞していきます。

 

thumb_IMG_4717_1024
かずくんのギターはコドモクラスでも大人気。

 

thumb_IMG_5182_1024
絵の具と筆に慣れてたくさん遊べるようになってきたね。

 

 

thumb_IMG_5134_1024
大事なものをいれるから、よーく注意して運べるように。

 

thumb_IMG_5095_1024
どんな電車があったらいいかを考える。

 

thumb_IMG_5102_1024
小さい子どもも楽しめるように、ドアの下半分はガラス張りに。蓄電池と水素で走る特急電車だそう。

 

thumb_IMG_5100_1024
いつもこころに電車が。

 

興味のある素材やテーマ、その子のもつ体力や集中力、もちろんその日の気分も一人ひとりそれぞれです。一人ひとりまったく違う感性、それでも、みんなの根底に共通してる気持ちは「楽しい」です。楽しいから描く。楽しいからつくる。楽しいから伝える。大人が忘れがちな、ごくシンプルで原始的な衝動だと思います。コドモクラスをやっていると、毎回必ず1回は聞くセリフがあります。「いいことおもいつーいた!」です。この言葉が聞けたら、自分にしか分からない、きれいさやおもしろさに出会えたんだな、と嬉しくなります。アトリエカメラにたまったみんなの写真が、楽しくなくっちゃはじまらないよ?と問いかけているようです。それはまた、こどもたちが真摯に自分だけの楽しさと向き合える時間を大切にできているかな?との問いかけでもあります。

つい最近、98歳の現役アーティスト、柚木沙弥郎さんのお話会に参加した方からお話を伺いました。どうしてそんなに精力的に制作に向かえるのですか?との会場からの問いに、「だって楽しいからだよ!」と椅子から立ち上がって答えられたそうです。その無邪気な様子の向こう側に、「いいことおもいつーいた」と制作しながら笑う柚木さんを見た気がしました。

絵を描き続けること、ものをつくり続けること、表現をし続けることの原点をあらためて教わるこの頃です。

 

2020-01-07 | 日々のアトリエ

ごあいさつ

2019年もAtelier Sunoiroに参加して下さった皆さま、一緒にお仕事させていただいた皆さま、いろんな形でお気持ちをお寄せ下さった皆さま、どうもありがとうございました。

アトリエというこんなに小さな場でも、続けていくにはたくさんのエネルギーが必要です。何より現場に立つ自分がにごってはいけません。自分と息子たちを守るだけでも手一杯で、その上アトリエも守っていくことの大きさに震える思いでした。1人で始めたプライベートアトリエ、代わりになれる人がいません。もっと強くなりたいといつでも思っています。それでも。アトリエをやめようとは思えませんでした。この春で5年目を迎える小さなアトリエが、ダウン症の人たちにとって、それ以外のお子さんにとって、保護者の方たちにとって、大事な場所になっていると感じられるからです。

ゆっくりのペースで歩んできた2019年でしたが、大きな一歩は作品展ができたことです。梅雨の晴れ間の気持ちいい風がよく通る1日、たくさんの方々にお立ち寄りいただきました。「色がきれい」「心地いい」「穏やかな気持ちになれる」。作品を前に多くの方がリラックスされている様子に、私がアトリエでダウン症の人たちに感じているものと同じ確かなものを感じました。その光のような「確かなもの」をこれからも信じていこうと思います。

1年の終わりに時々の初心を。
ダウン症の人たちが自分のリズムで制作をすることで生きる活力へと繋がる場所であるように。彼らの感性が野花のようにあるがままで美しいことを感じられる場所であるように。ちいさくて、こころの通いあう、風が吹き抜ける場所を目指して。

2020年もどうぞよろしくお願いいたします。
新しい1年が皆さまにとって幸せな時間でありますように。

2019年最後の1日に
Atelier Sunoiro  
栗山千尋

IMG_4706

 

2019-11-11 | 日々のアトリエ

うしのしっぽで

朝からよく晴れ渡った11月9日。津和野町左鐙にある「山のこども園うしのしっぽ」の収穫祭にアトリエも参加させていただきました。

うしのしっぽの子どもたちは毎日を山で過ごしています。牧場の周りの広いフィールド全体が子どもたちの遊び場です。ここには、山だからこその心地よさ、やさしさ、美味しさ、怖さ、不思議さ、凄さ、美しさを全開の感覚で受けて、瞬間をめいっぱい生きている子どもたちがいます。子どもたちの本来持っている力を信じて見守るスタッフがいます。山に抱かれるようにして一人ひとりが自分のいのちを刻んでいる、心地よい気の流れる場所です。

 

IMG_4743
みんなが集う場所に光が降り注ぐ。

 

IMG_4803
牧場の牛が出迎えてくれます。

 

IMG_4805
ふれるとやさしくてあったかい。

 

IMG_4748
山だから地面もまっすぐではありません。どんぐりに絵の具をつけて置いてみたら転がってできる線のおもしろさ。

 

IMG_4753
ダイナミックに筆を動かしてみる。

 

IMG_4760
ぼくの手。あらためて自分の手と出会っているような時間。

 

IMG_4770
小さな足をぐっと踏ん張って懸命に筆を動かしていきます。

 

IMG_4775
筆をぐるっとしてみたり、縦に動かしてみたり。自分の跡ができていく不思議。

 

IMG_4778
絵を描いてたら色を混ぜたくなってきた。

 

IMG_4780
ぼくも、わたしも、やってみる。

 

IMG_4785
お日様の熱と2人の手のぬくもりで粘土もちょうどいいやわらかさ。

 

IMG_4790
その手と眼差しに女の子の強い気持ちが感じられました。
 

うしのしっぽでは、子どもたちの一人ひとりのリズム、そして本来持っている好奇心や感性を何よりも大切にされています。今日どこでどうしたいのか。今この瞬間何にこころが動いているのか。大人のではない、子ども一人ひとりの軸があります。自分の軸で動いているということは、誰でもない自分を生きているということ。生きていく上で一番大切なことを毎回教わっている気がします。うしっぽファミリーのみなさん、ありがとうございました!

 

 

2019-10-23 | 日々のアトリエ

つむぐ

10823
photo : tumugi's mom

 

今日は、もうすぐ2歳になるつむぎちゃんとお母さんが、はるばる山口より遊びにいらしてくださいました。

まっさらな目とこころのつむぎちゃん。アトリエに入れば、絵やかずくんのギターや筆や、なにもかもが目新しく、触っては確かめ、目を見開いて喜びの表情です。場に慣れてきた頃、薄く溶いた水彩絵の具でにじみ絵あそびをしました。3つのびんに入れた絵具が水にとけて、あか、あお、き、になっていく様子を見つめる真剣な眼差しは、色との出会いそのものでした。

大きめの筆をびんの中でかちゃかちゃ動かし、たっぷり色水を含んだ筆を目の前に掲げては、「うー!」という声。みつけたよ、みて、おもしろいよ、いろんな気持ちが聞こえてきそうな「うー!」でした。筆をびんに戻しては出して、戻しては出して。初めてちょん、と筆をつけたのは机の上でした。たしかに、紙に描かなきゃいけないなんて決まりはないですものね。机の上でちょんとしたり、線をひいてみたり、その延長で紙の上につながると、くっきりと色と線が残ることに気づきました。

そこからは、真っ白な紙に、まっさらなこころとつながっている手がのっていきます。筆をすーっと真横に動かしたり、ぐるっと回してみたり、誰でもない、今日のつむぎちゃんの作品がうまれました。

お母さんは、「つむぎが来てくれてよかった」とおっしゃいます。「名前のように、いろんな人とのご縁を紡いでくれている」と。ただいてくれるだけで嬉しい。そのままのあなたがいい。ダウン症をお持ちのお子さんにとっても、ご家族にとっても、アトリエは一人ひとりの素の感性を深いところから肯定する場であり続けたいと、あらためて思いました。

IMG_4668

2019-08-23 | 日々のアトリエ

ローカルメディアに

先日、アトリエにローカルジャーナリストの田中照美さんが来てくださいました。照美さんは、制作中もすーっと空気のような佇まいでなじんでくださいました。そんな照美さんに記事を書いていただけたこと嬉しく思います。ありがとうございました。
島根県内のダウン症の人たちと、少しづつ、アトリエのリズムで出会っていくのもビジョンのひとつです。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

田中照美さんのHP:http://www.tanakaterumi.com/

 

山陰中央

 

2019-06-10 | 日々のアトリエ

ふらりの日

IMG_4152

前日までの曇り空がうそみたいにひっくり返されて、一日中晴れていた6月9日。「ふらり」という江津市で行なわれている年に一度の大きなイベントに参加させていただき、アトリエ初の展示を行いました。
10時のオープンとともに、現郵便局の局長さんが昔の配達に使っていた赤い自転車で立ち寄って下さいました。130年前も同じ光景が見られたことでしょうか。
そんな時間の積み重なった場所でアトリエ初めての展示をできたこと、街をふらりと歩くたくさんの方達にお立ち寄りいただけたこと、とっても幸せに思います。ありがとうございました。

展示をした江津市の旧郵便局がある通りは、目の前に浅い川が流れていて、晴れたその日はこどもたちがわらわらと川に降り、カニとりに夢中になっていました。それを立ち話しながらリラックスした様子で見ている大人たち。道端に出された幼稚園椅子に腰掛けて、冷たいメロンスムージーに笑いあう人たち。みんながちょっとゆるんでいて、楽しそうで、とってもきれいでした。

展示の様子、少し写真でお伝えしますね。
 

 

IMG_4198

 

 

IMG_4112

 

 

IMG_4238

 

 

IMG_4236

 

 

IMG_4213

 

 

IMG_4209

 

 

IMG_4194

 

 

IMG_4220

 

 

IMG_4217

 

 

IMG_4168

 

 

IMG_4177

 

 

IMG_4190

 

展示にお立ち寄り下さった方達からは、気持ちいい、かっこいい、ここに住みたい、居心地がいいなど嬉しい声を聞かせていただくことができました。あらためて、ダウン症の人たちの調和的な感性が持つ可能性を感じます。それは健康的な力です。

今回、展示のイメージをした時に真っ先にうかんだのが、彼らの絵と、野の植物との空間でした。一輪の花が咲くのは生命のエネルギーそのもので、それと同じように感じるままに絵を描くダウン症の人たちのエネルギーは生きることそのものです。草花がただあるだけで美しいように、彼らの感性もあるがままで美しい。美しさって生命(健康)そのものなのだなと。

アトリエを立ち上げる時に出会い、名前のもとになった、「素とは足すことも引くこともこともできないものです」という、川瀬敏郎さんの言葉が浮かびます。Atelier Sunoiro (=素の色)という屋号をかかげて3年たった今、素とは健康的なこころだと思うようになりました。

そう思わせてくれるダウン症の人たちと、身近に咲く植物をありがたく思います。展示をすることで、制作の場からダウン症の人たちのエッセンスを手渡すことができたこと、アトリエにとっても大切な一歩の日となりました。
お立ち寄り下さったみなさま、近くで、遠くで、応援して下さったみなさま、どうもありがとうございました。

 

2019-05-15 | 日々のアトリエ

GOつくる大学のこと

普段のアトリエから離れて、「GOつくる大学」という場で、時々、講義をさせていただいています。大学といっても先生だけが講義をつくるのではありません。参加者の方たちと一緒にお互いに学び合いながら講義をつくりあげていく、誰でもが先生でも生徒でもある、新しい学びの場です。

私が担当しているのは、「一人ひとりのアート学」という講義です。「アート」と名前がつくとなんとなく身構えてしまうかもしれませんが、着たり、食べたり、住んだりすることと同じ並びにある、自分にとって無くてはならない「こころのうごき」と捉えてみませんか、ということをお伝えしたくて講義を行っています。先日4期目の講義がありました。6歳から80歳の方、12人が参加してくださり、一緒に講義をつくっていきました。

1限目はご挨拶。はじめにアトリエでのダウン症の人たちの制作の様子をスライドでお伝えするようにしています。ダウン症の人たちの感性を丁寧にお伝えすることで、感じるままを表現してみる、身構えずにゆったりと楽しい気持ちで描いたり作ったりしてみる、というエッセンスを共有したいからです。お伝えすることで、「うまく描かなきゃいけないという枠がとれた」、「とらわれず自由でいいんだな」、「ダウン症の人を見る目が変わった」という嬉しい声を聞かせていただくこともできました。

2限目はデカルコマニーでカード作りです。指を使って絵の具を塗りつけた紙を半分に折って転写させます。デカルコマニーの面白いところは、思った通りにならないところです。絵の具が混じったり潰れたり、紙を開くと、葉脈のような筋がうきでて、思いもよらぬ左右対称の模様が現れてきます。描こうと身構えなくても、絵の具を指でぽんぽんとおいてペタッとしてみる、遊びの感覚で絵ができていきます。
 

IMG_4006
指では物足りず、チューブから直接だしてみたくなった。大作に挑む。

IMG_4007
きれいな色のならび。あえてデカルコマニーにしなくても。
 

IMG_4008
小さな指で丁寧に一つずつのこされた点。息づかいが伝わってくるようです。

IMG_4012
こんな風にするのはじめてよ、と。

IMG_4019
シンプルな手法でもできたものはそれぞれ。

 

3限目はコラージュで封筒作りです。たくさんの展覧会のフライヤーの中から、自分の気になった絵や写真や文字を切り抜いてはりつけていきます。メッセージを送る相手をイメージして、大事につくっていきます。

IMG_4022
ひまわりを切りたい。
 

IMG_4026
肖像画の中身をくり抜いて、お弁当にするそうです。

IMG_4029
ビビッドなピンクで名前を刻んで。

IMG_4036
真剣な眼差しが美しいです。

IMG_4039
切り抜いたフォントのデザインがきわだっています。

IMG_4043
草間彌生とミュシャの作品の一部を切り抜いて。ポップさとエレガント。

IMG_4049
繊細さが伝わる封筒でした。
 

IMG_4071
コラージュとドローイングでとっても素敵な封筒に。ABMTは私だけのサイン。
 

IMG_4052
床の上で仕上げ。かっこいいのができたね。
 

4限目は静かにメッセージを書く時間です。お父さんに、お母さんに、友達に、こどもに、未来の自分に、パートナーに。こころの声をつむいでいきます。
 

IMG_4072
重ねてこられた時間の重みと、日々を尊く感じられる気持ちが伝わってきます。

 

IMG_4064
お互いにむけて書きあいっこです。
 

IMG_4073
お友達にむけて、何通も書きました。シンプルなメッセージが胸をうちます。
 

5限目はみなさんの作品を壁に展示して、鑑賞の時間です。ひとりひとりの感性を感じあって、気持ちを共有していきます。手を動かして感じたこと、誰を想ってつくったのか、自分の中のストーリーを1人づつ作品の前で発表していきました。わずか30分間だけの展示ですが、それぞれの物語とあいまって、それはそれはあたたかくて素晴らしい空間になりました。

最後はメッセージを書いたカードを自分の大事な人に渡すというのが帰ってからの宿題です。時間がかかってもいい、郵送でもいい。今日の気持ちをきちんと渡して、授業はおしまいです。

この講義全体を通してお伝えしたいのは、誰しもが自分を内側から支えているこころの営みを持っていて、それが一人ひとりのアートだということです。講義では自分にとって大事な人にメッセージを書いて渡すことがゴールです。誰しも、家族だったり友人だったり恋人だったり、想うと胸があたたかくなるような、愛おしいような人っているものだと思います。その人を想っていることは、自然と自分の支えになっていること。そこに表現(デカルコマニーカード、コラージュ封筒、メッセージ)という光をあてることで、想いは手に取れるものになり、手渡すことでギフトになっていきます。

そこにアートの原始的な姿があると思うのです。

私にアートということを教えてくれた先生は、自分のための小さな作品をつくることで、小さなヒントのようなものを残せたらいい、と伝えてくれました。
「自分だけのこころの姿を人に正確に伝える術を手にすることができるように。」
「おそらくは人のつくりだすものが、もう『作品』とか『芸術』とか呼ばれることのないように。」
私が講義をする時にいつも頭の隅においている言葉です。

社会的立場を脱いで、裸になっても、なおもにじみ出るその人らしさ。その人だけの感性。それはパートナーであっても、親子であっても、友人であっても、誰も手を加えることのできない自然の領域に近いもので、その人がその人たるかけがえのないゆえんです。

一人ひとりの感性を感じあって認める場、自分だけのこころの姿を人に伝える場、それが、「一人ひとりのアート学」なのです。

 

 

 

2019-05-14 | 日々のアトリエ

夏のはじまりのお知らせ

夏の気配が感じられるこの頃。

この季節の植物のように、のびやかにみんな元気です。
気がつけばこの4月でアトリエも3歳になりました。
そんなタイミングで、ちょうど展示のお話をいただきました。今まで、すすんで展示はやってこなかったのですが、この建物に入った時、あ、ここに絵をかけたいな、きっといい空間になるな、とごく自然にイメージがわきました。ということで、アトリエ初の展示をしようと思います。

教会のようなこの建物は、1885年ごろに建てられた江津市の旧郵便局。青空と同じ色の柱と窓枠と白のコントラストがなんとも素敵です。歴史がつまったこのあたたかい空間で、ダウン症の人たちの持つ調和的な感性を感じて、リラックスしていただけたら嬉しいです。

会期は1日のみ、となります。島根県江津市の江津本町で行われる「ふらり」というイベントの日です。お近くの方も、そうでない方も、ぜひ遊びにいらしてください。

 

IMG_3583

 

6月9日(日)10:00~15:00
島根県江津市江津本町周辺にて

詳しくは江津市観光協会のHPをご覧ください
https://gotsu-kanko.jp/archives/1019

2018-11-09 | 日々のアトリエ

バランス

最近ピタゴラスイッチにはまっているおとくん。アトリエの材料棚のどこからか木の玉をみつけては、にんまりとした表情を見せます。よく見ていますね。ちょうど溝のはいっている1メートル定規も自分で取り出して、組み合わせます。ごくごくシンプルな装置ですが、玉が転がる、ぶつかる、倒れる、入る、という一連の流れを、あーでもない、こーでもないと試行錯誤しながら作っていきます。アトリエに来たらまずこれをやるのが習慣です。
 

IMG_3043
玉をジャンプさせようとしてみる。

 

IMG_3051
シュート!この笑顔!
 

以前は、この装置をつくるという習慣に代わっていたものは、建物を見て回るというものでした。押し入れという押し入れを開けて舐め回すように見る、そして入ってみる。アトリエに来たらいつもまずおとくんが一通りやること、それは波に乗る前の静かな儀式のようにも思えます。言葉はありませんが、「今日もここは変わらないかな、ちひろさんもついてきてくれるかな」と確かめているような気もします。落ち着いて、おとくんの中でOKのサインがでたら、一気に制作に突入です。ここからはあっという間です。

 

IMG_3063
手が走る、走る、走る。

 

IMG_3075
ぐっと集中している時、自分のいのちのリズムを刻んでいる。
 

うんとリラックスしている状態から、潮が満ちるかのように自然に制作に向かっていく瞬間に、いつもぞくぞくとした感覚を覚えます。ダウン症の人は「リラックス」がとっても上手です。上手というか、ただありのままの自分でいるから、身構えたり、力むことがありません。いつもの自分で「リラックス」しながら「集中」するという高度で絶妙なバランス感覚に、いつも尊敬の念を覚えるのでした。

 

 

 

2018-11-09 | 日々のアトリエ

おばけだらけ

えいきくんがコドモクラスに通い始めた春の頃、表の玄関を入るのもやっとでした。古民家ゆえ建物に入るとちょっと暗くて、雰囲気もなんだか違って、それが怖かったのだと思います。アトリエは建物の一番奥にあって、ちょっとした渡り廊下を越えていくのですが、そこまで行けたとしても渡り廊下の手前でとまって、一歩ひいてはアトリエの中を観察していました。

廊下を超えて部屋の中に入れるようになってからは、好きなマイケルジャクソンの曲をかけて踊りました。えいきくんはマイケルになりきるのがすごく上手いのです。踊りの途中、横からすっと絵の具セットと紙を差し出してみると、ごく自然に筆をとって、踊りながらリズムにあわせて描き始めた時の静かな喜びは忘れられません。

こうやって少しずつ、少しずつ、アトリエとの距離が縮まり、表現することに慣れていきました。

初夏のある日、ふすまの黒板にのこされていた絵(りんたくんが描いたドラえもんの絵ですけどね)をみて、「このおばけだれがかいた?」「えいきくんねー、おばけしってるよ?ゆうれいとか」「おばけはね、こわいよ」とぽつぽつ話し始めました。「そうなんー?そのおばけ見たいな!」何かの糸口が見えた気がしました。

僕たちの間にあるルートはなにかなとお互い探り合っていたのだと思います。「おばけ」だとお互い分かったその時から、えいきくんの世界が一気に開いていきました。

 

IMG_1782
おばけの傘。さしたらいつもおばけと一緒にいられますね。

 

IMG_3304
アトリエに来るとまずは黒板を埋め尽くします。初期は丸や楕円だったおばけが、今やこうもりにもなります。

 

IMG_3309
「へんなのいっぱいでしょ?」

 

IMG_3310
「次は絵の具したい!」おばけのあしあとです。

 

こうしてえいきくんのリズムで、おばけの絵をたくさん描いてきました。描く以外にも、おばけを語り、おばけと踊り、おばけを作り、いろんな表現をしてきました。

一人一人の制作を見ていると、自分のこころの姿を人に正確に伝えるためにあるのがアートなのだと思います。人にこころの姿を伝えられたとき、その人に伝えられた安心感や、自分から手放せた開放感が得られるのだと。制作に立ち会うということは、こころの姿を伝えようとする過程に寄り添い、その人の世界を一緒に見てみるということです。自分の気配はまず消して。
それは「この景色、一緒に見たよね。」と別の世界にいったかのような、深く潜ったかのような、なんだか心地よい一体感に包まれる感覚です。私がえいきくんと一緒に見た世界は、こわくないおばけだらけの世界でした。この先、たぶん、消えて、変わっていくおばけの世界を、今存分に表現しきることを大事にしたいと思います。

一人の子の内にある世界はどれほどのものでしょう。その世界をまっさらな目でみていくと、きっと私たちにとっても新しい世界が開いているような気がしてなりません。アトリエの中心にいるダウン症の人たちも、そうでないこどもたちも、制作を通して新しい世界への切符をいつでもこちらに提示してくれています。こちらがその切符を受け取ることができれば、思い込んでたいたものがさらっと覆るかもしれません。おもしろいねと一緒に笑えるかもしれません。きれいだねって一緒にため息をつけるかもしれません。そのために、自分に素直に、相手に誠実でありたいものです。

 

 

 

 

 

2018-08-24 | 日々のアトリエ

夏のコドモクラス

IMG_2427

「こんにちは」と今にも言いだしそうなこの帽子はコドモクラスのみわちゃんが描いたものです。
海や川でいつも麦わら帽子をかぶっているおじいちゃんに、だそうです。
お辞儀をしたら、こんな顔が現れてくるなんて、なんともハッピーな帽子ですね。
この夏のアトリエ時間を象徴しているような一枚です。
おじいちゃん、喜んでくれたかな。

コドモクラスでは、一人ひとりが制作したいもの、やりたいこと、を大切にしています。
夏のアトリエでは、傘や靴、箱、土粘土、など素材を増やして、いつもより長くゆったりめに制作をしました。そんな時間の一部をご紹介します。

 

 

IMG_2203
壁にかかっているカズくんの帽子をみて、ずっとやりたかったナギくん。帽子をいただけて嬉しかったね。
 

IMG_2217
自分の分とお母さんの分と。「ふちを残してるのがおしゃれ」なのだそう。この後これで買い物に行ったら、素敵ですねと声をかけられたよって。
 

IMG_1993
私は靴をやりたい。16.0サイズの白いかわいい靴を仕上げていきます。ゆめちゃんは手がとまることがない。感じると手が直結してます。
 

IMG_1997
飾っておくのだそうです。ボタンの使い方がキュート。
 

IMG_1888
大きい傘が動物園になってきた。迫力があるね。
 

IMG_1880
絵の具は使わない。テープ、シール、アルミホイルを使って、中から見て楽しくなる傘を作っています。宇宙みたいだねって。
 

IMG_2536
制作がおわったら、土粘土遊び。実際に石州瓦の原料になるものです。水をたくさん足して、「土の国が、水の国になったー!」
 

IMG_1495
丸シールを満足するまではりこんでいきます。カイくんだから見えるものがあります。
 

IMG_1490
まだまだはりたい。
 

IMG_2027
傘の下が私のアトリエ。「ここからおてがみをだすからね」
 

IMG_2015
「あ、月がくもにかくれているみたい!いくつもあるよ、お月さま」
 

IMG_2504
傘の下から届いた字のないお手紙。ヒナちゃんの世界。
 

IMG_1540
最小限の素材で無限の世界を作り出すイチくん。「探査機。これでなんでもはっけんできるよ」
 

IMG_1844
土粘土に絵を描いてみたいな。これに直接絵の具やってもいいの?やってみよう。
 

IMG_1946
あ、なんか指が踊ってきた!
 

IMG_2511
自分の箱。いくつかの種類の中からあえて折り紙を選んだ女の子。折り紙という見慣れた素材が、新鮮に見えます。
 

めいっぱい自分のための制作時間を過ごして、作品を大事そうに抱えて帰る子、やりきってもう作品のことは振り向かない子、それもそれぞれです。
「在るものを在るがごとくするのは、ある程度訓練すればできる。無いものを在るようにするところに、その人らしさが出る、そこがその人の表現だよ」
アトリエがいつもお世話になっている画材屋の店主の言葉が浮かびます。
在るものを在るように描かれたものが上手な絵であると思い込んではいないだろうか、そういう目線で無意識に作品を見て評価していないだろうか。一人一人まったく違っている感性を、大人のものさしで知らぬうちに判断していていないだろうか。
感性は、誰も手を加えることのできない、自然の領域に近いものだと思います。
それこそがその人たる所以、かけがえのないものであるはずです。そこには人の評価や良し悪しが入り込む余地がないのだと、ただ認め合うものだと思います。

ダウン症の人たちにとっても、そうでない人にとっても、誰でも無い自分らしさ、素の感性が思いっきり表現できる場であり続けたいと、あらためて思う、夏の時間でした。

 

2018-08-24 | 日々のアトリエ

夏のSunoiroクラス

IMG_2408

暑かった今年の夏。カメラのデータを見返してみれば、たくさんの笑顔と表現がありました。
Sunoiroクラスでは、カズくん、オトくん、リンタくん、ヤエちゃん、ジョウくん、そして新しく加わったサチコさん、一人ひとりが素のままの自分で過ごし、制作をしていきました。
普通、素の自分でいることは難しいことだと思います。なぜなら、相手がどう見るか、感じるかを意識してしまうから。
でも、ダウン症の人たちは、ごく自然に素のままです。
個々の性格や、環境の違いからうまれたものもありますが、本来の彼らに共通している素というのは、人のこころを解きほぐしていくような、調和の感性をもっているということです。

ダウン症の人たちが素でいてくれるから、こちらも真剣に素です。
真剣に素というのは、あなたがどこまでもあなたでいるように、私も何も持たずにどこまでもついていくよということです。
言葉を交わさない、あ・うんの約束のような、確かなものをお互いに感じながらアトリエでの時間は流れていきます。

 

 

IMG_1523
飽きることなく木の球を転がして、「シュート!」と叫ぶ、遊び上手なオトくん。
 

IMG_1986
描きはじめると、鋭い線が一本通る。カズくんの繊細さ。
 

IMG_2305
描きたてのより鮮やかな絵に、午後の光がやさしく入ってきれい。
 

IMG_1988
またこんと(こんど)しよう。
 

IMG_2526 (1)
初対面の2人。リンちゃんがやさしく「いくつ?」とたずね、ヤエちゃんが手で答えます。あ、5歳です。
 

IMG_1582 (1)
なにもかもめいっぱい。
 

IMG_1579
花紙を入れてみる。でもこれは「いや。みずがいいの!」
 

IMG_2513
クロスを布団にして優しく寝かせる。これもリンタくんの表現です。
 

IMG_2418
さっちゃんの初めての絵。夏のようなさわやかな色使いです。

 

ある人が見たら、いつも同じような作品、時間に見えるかもしれない。でも、ひとつとして同じものはありません。
作品は、アトリエでの時間を自分らしく生きた証。その時々のこころでしか描けない絵です。
学校や作業所や家でどんな揺らぎがあっても、ここに来ればいつもの自分に戻ってこられる。アトリエはそういう場所。

今までの作品を整理しながら眺めていると、一人の人間の内にあるこころの豊かさに、感嘆と尊敬と感謝の気持ちでいっぱいになるのです。

 

 

 

1 2 3